ものづくりにかける
信念は曲げない金沢スプリングについて

会社概要

1968年の創業当時、わたしたちのものづくりは社名の通り「スプリング」から始まりましたが、現在の金沢スプリングは「バネ屋」ではありません。
私たちが守り続けてきたことは、未来を支えることとなるであろう様々な機械と、多岐にわたる製造業の皆さまのために、金沢スプリングが出来ることは何か?その想像と、これ迄になかったモノゴトを創造すること。
小さなイノベーションを大切にし、未来を良くするための「ものづくり」を確実に実現し続けていきます。
様々な板金を複雑な形に曲げることはできますが、信念は曲げません。

社名 金沢スプリング株式会社
代表者 代表取締役 伊藤 直之
創業 昭和43年9月3日
金沢市北安江町(現金沢駅西地区)
所在地 〒924-0011
石川県白山市横江町1726-11
石川県鉄工団地内
TEL 076-276-1372(代)
FAX 076-275-6950
資本金 1000万円
従業員 54名
(平均年齢38歳 男48名・女6名)
工場規模 敷地 2052m²
建物 2154.54m²
事業内容 工作機械外装品及びカバー・フレーム・
筐体・組立
バス用艤装部製作
半導体装置等のカバー・筐体・組立
ASSY品
(パーツキャッキャ、コンベア他)

ACCESS

本社

〒924-0011 
石川県白山市横江町1726-11

会社沿革

1968年 9月スプリングメーカーとして 初代 伊藤輝男 社長が金沢市北安江にて創業
1968年 9月白山市(旧松任市)横江町、石川県鉄工団地に工場移転
(敷地面積 999m² 延床面積 392m²)
1980年 4月精密板金事業開設
1988年 6月板金工場増設(998m²)
1994年2代目 伊藤直之 社長就任
1997年 9月工場建て直し 3階建て工場とし延床面積が1493m²となる
1998年工作機械のカバーを製造開始
2006年 11月第2工場新設
本社工場前に床面積661m²を拡充する
2010年半導体装置外装カバー製造開始
2015年ISO 9001 認証取得
2020年 1月本社工場新設
(延床面積 1874m²)
RECRUIT 採用情報